知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > 河内 厚郎

河内 厚郎

名前 河内 厚郎
カナ カワウチ アツロウ
 

プロフィール

1952年西宮市生まれ。甲陽学院高校卒。一橋大学法学部卒。 演劇評論家として執筆業に入る。 1987年から『関西文學』編集長を2期つとめる。1991年、大阪市内に個人事務所を開設。文化プロデューサーとして大阪市から「咲くやこの花賞」を受ける。読売新聞大阪本社から「読売賞」を、宝塚市から市制50周年記念表彰の「文化功労賞」を、兵庫県から「文化功労賞」を受ける。 NHK番組審議員、NHKラジオセンター21世紀プロジェクト委員、毎日新聞紙面審議員などを歴任。 現在、阪急文化財団理事。時事通信の書評を担当。 関西経済同友会幹事。 歌舞伎学会会員。楽劇学会会員。和文化教育学会理事。コミュニティ・デザイン研究会理事。 〈著書〉『淀川ものがたり』(廣済堂出版)『わたしの風姿花伝』(沖積舎)多田道太郎氏との共著『阪神観「間」の文化快楽』(東方出版)など。 (本データはこの書籍が刊行された当時のものです)

このページのトップへ

著作一覧

西宮文学案内

西宮文学案内

西宮が育んだ「近過去」の人々と物語12編

著者:河内 厚郎 編著
 
阪神間近代文学論

阪神間近代文学論

村上春樹の文学をうんだ「阪神間」に迫る。

著者:河内 厚郎
 
 

このページのトップへ