知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > 深山 明

深山 明

名前 深山 明
カナ ミヤマ アキラ
 

プロフィール

1949年2月:神戸市に生まれる。 1972年3月:関西学院大学商学部卒業。 1977年3月:関西学院大学大学院商学研究科博士課程修了。 1977年4月:関西学院大学商学部専任講師。 1981年4月:関西学院大学商学部助教授。 1987年4月:関西学院大学商学部教授。 1990年3月:商学博士。 〈主要業績〉 『西ドイツ固定費理論』(森山書店、1987年)。 『ドイツ経営補償計画論』(森山書店、1995年)。 『ドイツ固定費理論』(森山書店、2001年)。 『企業危機とマネジメント』(森山書店、2010年)。 『原価と原価理論』(共訳、新東洋出版社、1981年)。 『シュテフェン生産と原価の理論』(共訳、中央経済社、1995年)。 『経営学の歴史』(共編著、中央経済社、2001年)。 『EUの経済と企業』(編著、御茶の水書房、2004年)。 『企業者職能論』(翻訳、森山書店、2008年)。 (本データはこの書籍が刊行された当時のものです)

このページのトップへ

著作一覧

企業危機とコントローリング

企業危機とコントローリング

企業危機問題の考察とコントローリング研究

著者:深山 明
 
 

このページのトップへ