知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > 東アジアの平和と和解

東アジアの平和と和解  新刊

キリスト教・NGO・市民社会の役割

東アジアの平和と和解

東アジアの平和実現の為に宗教者が果たせる役割とは。関西学院大学キリスト教と文化研究センターの研究活動の成果を整理し編集。

著者 山本 俊正 編著
関西学院大学キリスト教と文化研究センター
ジャンル 社会
出版年月日 2017/03/05
ISBN 9784862832351
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 在庫あり
 

目次

まえがき
第1部 東アジアの平和と和解
 第1章 東アジアの平和
    −「安保法制」以降の日・中・韓関係の課題と展望−……李鍾元
 第2章 東アジアの和解とレイシズム
    −ヘイトスピーチを支える日本社会を問う−……辛淑玉
第2部 キリスト教と市民社会の役割
 第3章 東アジアの和解と平和
    −日韓キリスト教史の視点から−……徐正敏
 第4章 東アジアの和解
    −WCC(世界協会協議会)第10回総会(釜山・韓国)報告−……神田健次
 第5章 平和の課題とキリスト教における宣教論の新たな展開……村瀬義史
 第6章 カトリック教徒から見たWCC(世界協会協議会)……小林和代
 第7章 日本の軍事力・平和力・市民力と東アジアにおける平和構築
    −靖国参拝と憲法九条改正も踏まえて−……水戸考道
 第8章 東アジアの平和と憲法九条・キリスト教非暴力思想の可能性……山本俊正
第3部 中国と朝鮮半島における歴史とトラウマの克服
 第9章 日帝植民地期は朝鮮人の健康にどのような影響を及ぼしたのか
    −植民地近代化論の虚と実−……黄尚翼
 第10章 鄧小平理論の宗教観……金永完
 第11章 トラウマ理解と平和構築
    −東アジアにおける歴史的トラウマの克服−……Jeffrey Mensendiek
執筆者紹介

このページのトップへ

内容説明

東アジアの平和と和解の実現の為に宗教者が果たせる役割とは。国家以外の主体による平和実現の可能性はあるのか。関西学院大学キリスト教と文化研究センターの研究活動の成果を整理し編集。

このページのトップへ