知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > 企業家精神のダイナミクス

企業家精神のダイナミクス

その生成、発展および発現形態のケース分析

企業家精神のダイナミクス

企業家精神の具体的な構成要素を、ときにその生い立ちにまで遡り、具体的なケースを比較研究しながら明らかにする。

著者 佐藤 善信
ジャンル 経営
出版年月日 2017/03/30
ISBN 9784862832382
判型・ページ数 A5・280ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに
第1章 本書の構成とねらい
第2章 新市場の創造における企業家精神の発現
 第1節 本章の目的
 第2節 セコム 企業家としての飯田亮のケース
 第3節 ドトールコーヒー 企業家としての鳥羽博道のケース
 第4節 飯田亮と鳥羽博道に共通した企業家的要素
 第5節 企業家精神の5要素と今後の研究課題
第3章 企業家的発見の特徴 グラウンデッド・セオリー・アプローチを用いて
 第1節 企業家的発見研究の現状と本章の課題
 第2節 企業家的発見の構図
 第3節 企業家的発見のパターンについて
 第4節 企業家的発見と3つの実現パターン
 第5節 企業家的発見の全体像
 第6節 今後の研究課題
第4章 企業家精神の心理学的分析
 第1節 企業家精神の構成要素 好奇心の発現と充足
 第2節 企業家精神の構成要素 好奇心と不安の克服
 第3節 企業家精神の構成要素 ポジティブ・エモーションと自己効力感
 第4節 構成要素間の全体的関係
 第5節 結論と今後の課題
第5章 企業家精神の覚醒プロセス
 第1節 企業家の経営への覚醒とは?
 第2節 代表的な企業家のケース
 第3節 気づきのきっかけとその内容の確認
 第4節 企業成長と経営への覚醒の関係
 第5節 キャリアアンカー型とプランド・ハプンスタンス型生き方
 第6節 結論と今後の研究課題
第6章 企業家による新市場の開拓パターン
 第1節 Whoの革新 新しい顧客カテゴリーの発掘
 第2節 Whatの革新 新しい顧客ニーズの発掘
 第3節 Howの革新 ニッチマーケット型の革新
 第4節 創造された市場のダイナミクス
 第5節 結論とさらなる研究の課題
第7章 革新的急成長企業の失敗原因の分析
 第1節 ニッチ企業の持続的成長の失敗の類型化
 第2節 急成長による経営の歪み
 第3節 競争企業の出現
 第4節 ブーム化による市場の歪み
 第5節 ニッチ性ゆえの市場規模の狭隘性
 第6節 経営理念の欠如やカリスマ創業者の引退による方向感覚のブレ
 第7節 結論と今後の研究課題
第8章 企業家精神のリーダーシップ側面の分析
 第1節 リーダーシップ理論の概観
 第2節 T&Gニーズのケース
 第3節 ブックオフ・コーポレーションのケース
 第4節 各リーダーシップ概念の関係の体系化
 第5節 結論と今後の研究課題
第9章 経験学習による企業家精神の発達
 第1節 エキスパートへの道
 第2節 経験学習サイクルの回転に必要な条件
 第3節 経験学習と「ゆで蛙」症候群の関係
 第4節 初心者と熟達者の違い
 第5節 目線設定の重要性
第10章 企業家精神の今後の研究方向
 第1節 企業家精神のダイナミクスの結論
 第2節 坂東太郎の創業者、青谷洋治の企業家精神のダイナミクス
 第3節 2つのタイプの企業家のキャリア
 第4節 今後の企業家精神の研究の方向性
参考文献
初出一覧
索引

このページのトップへ

内容説明

企業家精神はどのように発揮されるのか。ときに企業家の生い立ちにまで遡り、起業後の急成長期をへて安定期にいたる成功や失敗のプロセスも含め、具体的なケースを比較研究。

このページのトップへ