知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > 久山康先生 その思想と実践

久山康先生 その思想と実践  新刊

久山康先生 その思想と実践

5期15年に渡り学校法人関西学院の理事長・院長として貢献した哲学者・久山康の私学経営における功績とその研究実績を纏める。

著者 『久山康先生 その思想と実践』刊行・編集委員会
ジャンル 宗教
出版年月日 2017/05/10
ISBN 9784862832399
判型・ページ数 A5・554ページ
定価 本体5,600円+税
在庫 未刊・予約受付中
 

目次

目 次

はじめに
序 ─足跡・略歴・業績一覧

第Ⅰ部 教育者・哲学者としての足跡
 第1章 信仰と思想
 第2章 久山先生の師と親友

第Ⅱ部 関西学院「第三の創造」を目指して
 第1章 理事長・院長就任にあたって
 第3章 広報委員会・企画調査室の設置と役割
 第4章 学園紛争の収拾とガバナンスの確立および財政の安定化
 第5章 久山先生の自然観と祈り、そして美化活動
 第6章 千刈キャンプ場の整備とセミナーハウスの建設
 第7章 三田キャンパスの建設と二十一世紀への展望

第Ⅲ部 学外における主な活動
 第1章 基督教学徒兄弟団を結成し『兄弟』を発行された
 第2章 国際日本研究所
 第3章 甲山を守る会

第Ⅳ部 追想
 第1章 特別寄稿
 第2章 追想 『兄弟』(四三八号、平成七年四月三十日発行)より
 第3章 追想 寄稿

あとがき

このページのトップへ

内容説明

5期15年にわたり学校法人関西学院の理事長・院長として貢献した哲学者・久山康の私学経営における実績と、キリスト教思想を基底とする実存哲学と京都学派を軸とする日本思想史の両面にまたがるその研究の焦点をここにまとめる。

このページのトップへ