知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > ソーシャルワーク研究におけるデザイン・アンド・ディベロップメントの軌跡

ソーシャルワーク研究におけるデザイン・アンド・ディベロップメントの軌跡

ソーシャルワーク研究におけるデザイン・アンド・ディベロップメントの軌跡

編者の指導のもとで甲号博士を取得した門下生18名の、研究プロセスのふり返りと、自らの成長と進化の過程

著者 芝野 松次郎 編著
ジャンル 社会
出版年月日 2018/03/31
ISBN 9784862832566
判型・ページ数 A5・286ページ
定価 本体4,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

目次
まえがき
第1章 多様な研究スタイルを模索して─在学中とその後、現在とこれから 板野ボーズ美紀
第2章 研究者としての基礎を培った芝野ゼミでの学びと今後の展望 榎本祐子
第3章 スクールソーシャルワーク実践モデルの開発─理論と実践をつなぐために 大塚美和子
第4章 自身の研究を振り返る─博士学位をとるまでとこれから 小野セレスタ摩耶
第5章 修士論文・博士論文と取り組んだ開発研究 木村容子
第6章 遺族支援におけるデザイン・アンド・ディベロップメント 黒川雅代子
第7章 リサーチストーリーワークの試み 曽田里美
第8章 ソーシャルワーカーとしての研究者を目指した芝野ゼミでの学び 知念奈美子
第9章 地域子育て支援拠点におけるファミリーソーシャルワーク実践教育モデルの開発的研究 新川泰弘
第10章 虐待的養育環境にある子どもの「育む環境」の創造─スクールソーシャルワークの実践と研究と教育との循環 西野 緑
第11章 社会的養護で生きる 野口啓示
第12章 スピリチュアリティをめぐって 橋本直子
第13章 家族そして子どもを支援するということはどういうことか? 畠山由佳子
第14章 M-D&Dによる実践モデル開発に携わって 原佳央理
第15章 「説明できるソーシャルワーク教育」についての覚書─実践を支える教育のための研究に向けて 藤田 譲
第16章 医療ソーシャルワーク実践モデルの普及と誂えを目指して 宮崎清恵
第17章 児童館の子育ち・子育て支援に関する研究と実践 八重樫牧子
第18章 子ども家庭相談体制づくりに関する研究─過去から現在、そして未来へ 山野則子
第19章 ソーシャルワーク研究と「デザイン・アンド・ディベロップメント」 芝野松次郎
あとがき
索引

このページのトップへ

内容説明

編者の門下生18名の甲号博士取得時の研究プロセスと、その成長・進化の過程をソーシャルワーク研究の過去、現在、未来に重ね「デザイン・アンド・ディベロップメント」の視座から語る。

このページのトップへ