知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > 古代ローマ帝国期における北アフリカ

古代ローマ帝国期における北アフリカ

カルタゴ周辺地域における文化と記憶

古代ローマ帝国期における北アフリカ

「ローマ的なるもの」とは何か。ローマ帝国支配期のカルタゴ周辺地域では、どのような状況で異種混淆的文化が生じたのかを考察。

著者 井福 剛
ジャンル 歴史
出版年月日 2018/03/31
ISBN 9784862832573
判型・ページ数 A5・172ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 

目次

凡例
図1 ローマ帝国期北アフリカ地図
図2 トゥッガ平面図

序論
1 ローマ帝国支配期北アフリカ小史
2 ローマ帝国支配期北アフリカの文化に関する研究動向と問題の所在
3 文化論的転回と新しい文化史
4 本書の構成と問題設定

第I章 トゥッガにおけるマルキウス氏族とカピトリウム神殿建設
はじめに
1 トゥッガ概略
 (1)二つのコミュニティ
 (2)両コミュニティの保護者
2 マルキウス氏族
3 カピトリウム神殿
おわりに
 
第II章 トゥッガにおけるガビニウス氏族と神殿建設
はじめに
1 ガビニウス氏族
 (1)ガビニウス氏族の成員とその事績
 (2)ガビニウス氏族の位置づけ
2 コンコルディア、フルギフェル、リベル・パテル、ネプトゥヌス神殿
おわりに

第III章 トゥッガにおけるサトゥルヌス神殿建設
はじめに
1 2世紀後半における両コミュニティの共同奉献
2 トゥッガにおけるサトゥルヌス神殿
 (1)バアルとサトゥルヌス
 (2)パグスにおけるサトゥルヌス神殿建設
 (3)195年のサトゥルヌス神殿建設
おわりに 
第I章から第III章までの小括

第IV章 ポエニ戦争後から帝政初期におけるカルタゴの記憶
はじめに
1 カルタゴ・イメージ
 (1)カルタゴ人像
 (2)ハンニバル像
2 ハンニバルと国家内部の敵
 (1)ハンニバルのようなローマ人
 (2)ハンニバルとカティリーナ
3 ローマ政治文化におけるカルタゴ・イメージの利用(1)凱旋式要求におけるカルタゴ・イメージの利用
 (2)危機と勝利
 (3)理想のローマ人像と「過去」の再構築
おわりに

第V章 「理想」のローマ都市カルタゴとカエレスティス神殿
はじめに
1 ローマ帝国支配期北アフリカの文化をめぐる研究状況と記憶
2 「理想」のローマ都市カルタゴとポエニ期カルタゴの記憶
3 「カルタゴ的」宗教カエレスティスを中心に
 (1)カルタゴのカエレスティス信仰をめぐる言説
 (2)トゥッガのカエレスティス神殿
おわりに

結論
付録
参考文献
あとがき
初出一覧
索引

このページのトップへ

内容説明

「ローマ的なるもの」とは何か。ローマ帝国支配期のカルタゴ周辺地域では、どのような状況で異種混淆的文化が生じたのか。文化論的転回および新しい文化史の分析概念である表象と実践から考察。

このページのトップへ