知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > お知らせ > シンポジウム開催決定!!

シンポジウム開催決定!!

シンポジウム















事実や真実が軽視される時代において、
「ことば」にはどのような可能性が残されているのだろうか。
「ことば」を立ち上げ、
それを伝える本づくりや出版という事業には、
どのような役割があるのだろうか。

※終了しました
1997年4月に発足した関西学院大学出版会の設立20周年の記念シンポジウムを開催します。「いま、ことばを立ち上げること」をテーマに、本づくりや出版の役割についてディスカッションします。


開催日時  2018年4月21日(土)
       14時〜17時30分
開催場所  関西学院大学 西宮上ケ原キャンパス B号館 103教室
       (定員200人)

入場無料・申し込み不要 





出演
パネリスト: 林 香里氏 (東京大学教授)
専門:ジャーナリズム/マスメディア研究
  細見和之氏 (京都大学教授)
専門:ドイツ思想
  石井伸介氏 (苦楽堂社長)
専門:編集/出版
  細川周平氏 (国際日本文化研究センター教授)
専門:音楽文化史/日系ブラジル文化史
コーディネーター: 田村和彦(関西学院大学国際学部教授・関西学院大学出版会編集長)


プログラム

開会挨拶・趣旨説明

発題1
 言葉はなぜ立ち上がらないのか?─「メディア不信」と日本社会の行方

    林 香里(東京大学情報学環教授)
発題2 生きる糧になる言葉をもとめて─大阪文学学校の校長として
    細見和之(京都大学教授)
発題3 「あたりまえのこと」ほど伝わらない
    石井伸介(苦楽堂社長)
発題4 ブラジルで書く日本語─松井太郎の場合
    細川周平(国際日本文化研究センター教授)
パネルディスカッション
   いま、ことばを立ち上げること
   パネリスト 林 香里/細見和之/石井伸介/細川周平
   コーディネーター 田村和彦(関西学院大学出版会編集長・国際学部教授)

パネリストの4名の方に各20分ほど発表していただき、弊会編集長をコーディネーターに、討論していただきます。


パネリスト略歴
シンポジウムパネリスト


Facebookイベントページ

※詳細が決まり次第アップします。

このページのトップへ