知の創造空間から発信する
  • ホーム
  • お知らせ
  • 書籍検索
  • 書店様へ
  • 会社情報
ホーム > お知らせ(『理』(コトワリ))

お知らせ(『理』(コトワリ))

関西学院大学出版会 PR誌 コトワリ

『理』(コトワリ)は、小会が年4回、季刊で発行しているPR誌です。毎号、インタビューなどの特集記事や、連載を掲載しています。

小会の単行本にはさみ込んでお届けしているほか、書店店頭でも無料配布しています。

ご入り用の方は以下よりダウンロードしていただくか、お問合せフォームよりご連絡ください。

『理』(コトワリ)No.46 もくじ

巻頭エッセイ 奇妙な情熱──ビジンを記録する人々  金水敏
特集 『歴史のなかの上ヶ原──西宮市上ヶ原、古墳から震災まで』  中村直人
連載 世界から 第17回 ブルキニ事件  海老坂武
連載 ドイツ庭ものがたり 第21回 都市のコモンズ  田村和彦
自著を語る マスメディアの中の数学──小説・ドラマ・映画・漫画・アニメを解析する  馬場博史
営業部だより
連載 差異の詞典 【色と祈り】  打樋啓史

 

『理』(コトワリ)No.46は以下よりダウンロードできます。 

『理』(コトワリ)No.46.pdf

このページのトップへ

 『理』(コトワリ)No.45 もくじ

巻頭エッセイ 単純素朴な暴力について  千葉雅也
特集  『世界へ挑む君たちへ──実践型グローバル人材教育論』  關谷武司
連載 世界から 第16回 二人の養女  海老坂武
連載 ドイツ庭ものがたり 第20回 ハンナ・ヘーヒの庭  田村和彦
自著を語る アメリカ大リーグにおけるイノベーションの系譜  福井幸男
営業部だより
連載 差異の詞典 
【色と音】 長田典子

 

『理』(コトワリ)No.45は以下よりダウンロードできます。

『理』(コトワリ)No.45.pdf ダウンロード

このページのトップへ

 『理』(コトワリ)No.44 もくじ

巻頭エッセイ 「楽しみとしての数学」─和算文化再考  三浦伸夫
特集  『W・R・ランバスの使命と関西学院の鉱脈』  神田健次
連載 世界から 第15回 民主主義再生の元年──鶴見俊輔を送る  海老坂武
連載 ドイツ庭ものがたり 第19回 リンゴの福音  田村和彦
自著を語る ジョージ・S・スカイラーの世界人種概念の虚構性を見透かす 小説『ノーモア黒人(ブラック)』とジャーナル著作物の翻訳、およびスカイラーについての一考察  廣瀬典生
営業部だより
連載 差異の詞典 【色と幽霊】 桑原圭裕

 

『理』(コトワリ)No.44は以下よりダウンロードできます。

『理』(コトワリ)No.44.pdf

このページのトップへ

『理』(コトワリ)No.43 もくじ

巻頭エッセイ 「不可思議は 天に二日のあるよりも わが体に鳴る三つの心臓」 田間泰子
特集  ふらんす読書風景  市川文彦
連載 世界から 第14回 IS。なぜ女たちが……  海老坂武
連載 ドイツ庭ものがたり 第18回 ミツバチの教え  田村和彦
自著を語る カワイイ社会・学──成熟の先をデザインする 工藤保則
営業部だより
連載 差異の詞典 【色と寿命】 谷水雅治

 

『理』(コトワリ)No.43は以下よりダウンロードできます。

『理』(コトワリ)No.43.pdf

このページのトップへ

『理』(コトワリ)No.42 もくじ

巻頭エッセイ 野生生物の生息地保全の一手法「日田Bat×Man物語」 小林朋道
特集1  聖和128年史刊行にあたって  山本伸也
連載 世界から 第13回 言論の自由、報道の自由  海老坂武
特集2 自著を語る
  『台南文学』大東和重
  『ソーシャル・イノベーション』 小池洋次
  『死生学とQOL』 藤井美和
  『糸賀一雄の研究』 蜂谷俊隆
新刊ピックアップ 『市民社会セクターの可能性』 岡本仁宏
営業部だより
連載 差異の詞典 【怒りと理不尽】 村上芳夫

 

『理』(コトワリ)No.42は以下よりダウンロードできます。

『理』(コトワリ)No.42.pdf

このページのトップへ


『理』(コトワリ)は、小会が年4回、季刊で発行しているPR誌です。毎号、インタビューなどの特集記事や、連載を掲載しています。

小会の単行本にはさみ込んでお届けしているほか、書店店頭でも無料配布しています。

 

『理』(コトワリ)バックナンバーはこちらからダウンロードできます。

No.00〜No.04  (2004年)

No.05〜No.07  (2005年)

No.08〜No.10  (2006年)

No.11〜No.14  (2007年)

No.15〜No.17  (2008年)

No.18〜No.21  (2009年)

No.22〜No.25  (2010年)

No.26〜No.29  (2011年)

No.30〜No.33  (2012年)

No.34〜No.37  (2013年)

No.38〜No.41  (2014年)

このページのトップへ